seiri_01
seiri_02

生理痛がひどい、出血量が多い、生理不順や不正出血などのトラブルは、放置しないで、今すぐ対処して!「内診が恥ずかしい」という理由があっても、命に関わる大きな病気が潜んでいることも。

また、不妊の原因にもなりかねません!生理は女性にとって長く付き合っていくもの。頼りになるパートナードクターを見つけるチャンスと考えて、ぜひ受診しましょう。

 

seiri_03
頭痛・肩こり・下腹部痛・肌荒れ・体重増加・乳房の張り・イライラ・憂うつ・集中力の低下など、生理の始まる約1週間前から、身体的・精神的に様々な症状が起こります。月経がはじまると症状がおさまるのが特徴。

seiri_04

seiri_05
周期が24日以内だったり(頻発月経)、39日以上空いたり(稀発月経)すること。月経期間も3~7日間から外れていると要注意。このような症状は排卵がおきていなかったり、ホルモン分泌が上手くいっていない可能性があります。
seiri_06

seiri_07
生理の出血量がとても多く、日常生活に支障をきたすような場合は過多月経といって治療の対象になります。昼間でも夜用ナプキンが必要、生理のたびに貧血で階段を昇るのがつらいなどの症状がある方は過多月経の可能性があります。
seiri_08

seiri_09
子宮の内膜と似た組織が、卵巣や腹腔内など子宮以外にできること。これらの組織が生理周期とともに増殖や出血をくり返すのですが、出口がないために体内にとどまり、炎症をおこして、痛みなどの症状をおこします。
seiri_10

 seiri_11

seiri_12

→婦人科へ行こう!はこちらから!

ゲンキのモト All Rights Reserved.