夏のトラブルから肌を守ろう

子供にも日焼け止めは必要です。子どもの肌は大人に比べて薄く、紫外線の影響を受けやすいもの。子どものうちからしっかりと紫外線対策をすることが大切です。紫外線対策ポイント「日焼け止めはたっぷりと!塗り直しはこまめに!」「ツバの広い帽子をかぶるのを習慣に!」「紫外線の強い10〜14時は外出を控える!」

用途別☆日焼け止め選び 1.低刺激性のもの 2.通常はSPF15〜20程度の洗浄料で落とせるもの 3.海や山、プールなどのお出かけにはSPF30程度〜の水や汗に強いものを選ぶといいでしょう!

スキンケアがあせも予防になります!子どもは大人の3倍も汗をかきます。予防には毎日のスキンケアがとても重要。保湿することで汗が直接肌に触れず、刺激から肌を守ってくれるのです。

Q.プールのときのスキンケアを教えて!
vol28-16-5 A.プールの後のしっかりシャワー+保湿が重要! プールの水は必ずしも清潔とは限らず、肌トラブルの心配も。プールから出たあとは水道水で汚れをしっかり洗い落とし、保湿して。体を拭くタオルは他の人と共有せず自分のものを使いましょう。もちろんプールの前には保湿→日焼け止めで紫外線対策も忘れずに!
Q.なぜ『あせも』はできるの?
 vol28-16-6 A.汗によって汗が通る管が詰まるからです。 たくさんの汗をかくと、皮膚がふやけて汗が通る管の出口が詰まってしまいます。すると、皮膚の表面に出られなくなった汗が皮膚の中にたまって炎症を起こし、『あせも』になります。予防には、まめなスキンケアで皮膚をすこやかに保つことが重要です。
 Q.肌トラブルを防ぐ!夏の理想的な服装は? 
 vol28-16-7  A.通気性と吸湿性がポイントです。 上は風通しのよいTシャツ1枚、下は半ズボンが理想的です。熱のこもるロンパースやわきの汗を吸えないノースリーブは避けましょう。肌着も必要なく、汗を吸収しやすいTシャツ1枚でOKです。また、手足の先は熱を発散する部分ですから、靴下は不要です。
  関連記事 ・一生ものの肌を育てる基肌育お子さまのUV対策講座
ゲンキのモト All Rights Reserved.