36_curel01

岡村皮フ科医院の詳細はこちらから!▶click

 

36_curel02

敏感肌はバリア機能を保つ「セラミド」が不足している状態。洗いすぎると、「セラミド」がさらに流出してしまい、汗の塩分などの影響をダイレクトに受けてしまいます。

 

36_curel03

洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な皮脂や「セラミド」までも流してしまう恐れがあります。かゆいため爪で引っ掻いて頭皮を傷つける原因にもなるので、優しく洗えるシャンプーに変えてみましょう。すすぎもしっかりと!

36_curel04

36_curel05

肌には本来、乾燥やほこりなど外部からの刺激を受けないようバリア機能を保つ「セラミド」などが備わっていますが、毎日の入浴などで流れ出てしまいがち。こすりすぎず優しく洗うこと、肌のバリアを守りながら肌荒れの原因となる汗や汚れをちゃんと落としてくれる洗浄剤を選ぶことが大切です。

36_curel06 36_curel07 36_curel08

ゲンキのモト All Rights Reserved.