mr_vol02_01 mr_sakura_01a    サクラファインテックジャパンさんでは継続して企業接種が実施されており、今回はその第2回目。全額会社負担で、MR、インフルエンザ、成人用肺炎球菌ワクチンの 3種を雇用形態に関わらず希望する社員へ接種するとのこと。2014年10月28日に行われた企業接種の様子を取材してきました!   mr_vol02_02 <社員の声> dis9 「子どもの頃風しんにかかり免疫はあるのですが、自然感染では時間が経つほど免疫が弱くなると聞き、去年の大流行でやはりMRワクチンは一度しっかり打っておいた方が良いと接種することにしました。インフルエンザも毎年打っていますが、病院に行かずに社内で打てるので、とても助かっています」      

 

 

dis8

「エボラ出血熱など色々なところで病気が流行っているのを見て、自分で予防できることがあればしておきたいな、と思ったのが接種のきっかけです。風しんは去年の流行ですこし気にはなりつつも、身近なところで予防接種できるとは知らず・・・会社で打てることになりホッとしています」

 

 

dis9 「今日は、肺炎球菌とインフルエンザ、MRの3種類を打ちました。インフルエンザの予防接種はここ7年受けているおかげか、かかったことはありませんね。MRワクチンの接種は今年で2回目。 これは自分のためというより、周りの女性やこれから産まれてくる子どもたちのために接種しています」    

 

 

 

 

 

      <企業インタビュー> 感染症対策は企業の社会的責任です! 企業接種実現に尽力し、他企業への啓蒙にも取り組まれている石塚悟会長にお話を伺いました! mr_sakura_06 ワクチンは自分のために打つものではなく、社会のために打つものだと思っています。特に風しんは、例え私がかかっても少し休めば治ってしまうような病気です。でも、もし通勤中の電車の中で隣に妊婦さんが座ったとしたら?その方を不幸な目に陥れることになるでしょう。「自分ではなく、他人に対して危害を加えるのが感染症」という認識を持てば、企業がその対策に取り組むのは社会的責任と言えるのではないでしょうか。ただし、予防接種を推奨する場合、会社が費用を負担するだけでは接種率は思うように伸びません。社内で打つ機会を設けるなど、接種しやすい環境づくりからフォローしていくことが大切だと実感しています。     <ドクターインタビュー> 医療機関側も企業接種に、より積極的な取り組みを! dis9接種を希望される方がいるのなら、それに応えるのは医師の義務。それが企業さんであっても同じことです。企業接種を実施するにあたっては、保健所への申請手続きといった手間もありますが、風しん抗体がないのは現在働き盛りの世代。企業に赴き、その方たちに効率的に打てるのであれば、多少の手間をかけてでも実施する価値はあると思うのです。まだまだ当たり前にはなっていない企業接種ですが、実施する医療機関が増えればより広がりもみせるでしょう。今回は、MRとインフルエンザの他、60歳以上の方では成人用肺炎球菌ワクチンの3種類を同時接種した方もいらっしゃいます。大人の方では同時接種に馴染みない方が多いかもしれませんが、今の赤ちゃんの予防接種では同時接種は珍しいことではありません。企業での接種をより有意義に活用いただきたいですね。   mr_kigyou_02   <取材を終えて> 今回の取材では、20代から70代の方まで幅広い年代の方にインタビューさせていただきました。そして感じたことは、若い世代は自身の健康や仕事のリスクを減らすために、年配世代の方は子どもたちや若い世代のために、と各年代それぞれの目的で予防接種に対して高い意識を持っているということでした。上層部の方たちが率先して動くことで社員全体の意識の底上げができていると感じます。石塚会長さんが繰り返しお話された、「社会のために」「子どもたちのために」という言葉、企業接種を普及させたいという真摯な姿勢が印象的に残った取材でした。 こういった志の企業さんが日本にもっと増えることを祈りつつ、ゲンキのモトは取材を続けて参ります!   mr_sakura_08   (2014年10月取材)   line01 ■ 関連記事 ・MRワクチンを接種しよう会社に先生が来て、MRワクチンの予防接種ができます!

ゲンキのモト All Rights Reserved.