48_natuhada01

子どもの肌は大人より薄くてデリケート! 48_natuhada02

夏の代表的な肌トラブルである日焼けと蚊による虫刺されについて、2児のママでもいらっしゃる皮膚科専門医の内山先生に対策のポイントをお聞きしました!

48_natuhada_sun

48_natuhada03

どんなとき要注意?

□4月〜9月は日焼けしやすい

□10時〜14時は紫外線量多い
□山、海、プール。水の中も注意

悪化すると?

□水ぶくれ □免疫力低下 □将来のシミ、しわ

line02

 

48_natuhada04●紫外線の強い時間帯の外出を避ける
●帽子、襟・袖の衣類で日よけ 
●日焼け止めを活用する

●ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)、アルコールフリー、無香料、無着色、パラベンフリー、石鹸で洗い落とせるものがおすすめ。●普段使いならSPF20、PA+がおすすめ。●子供は汗っかきなので、2〜3時間おきの塗り直しが大切

48_natuhada_mushi

48_natuhada05どんなとき要注意?

□3月〜11月(ピークは6〜9月)
□屋外では夕方、屋内では夜間
□公園、庭、家の周囲

悪化すると?

とびひ(細菌感染)、しこり・ぶりかえす痒み(遅延型アレルギー)

line03

 

48_natuhada06●長袖、長ズボン、帽子を使用し肌を極力露出しない。

【虫除け剤を活用する】

●肌以外に洋服にもスプレーをする。
●虫除けリングをつけるなど多重に予防して。
●「ディート」配合の虫除け剤は使い方と対象年齢に注意。
ハーブを主成分にしたものもおすすめ。

line04

 

症状が酷い場合や、数日経っても治まらないときは早めに皮膚科を受診してください!

maryhifakabane_dr_f教えてくれたのは !
マリー皮膚科赤羽クリニック

院長 内山 麻理子先生

ゲンキのモトのお医者さん

マリー皮膚科赤羽クリニック詳細はコチラ

ゲンキのモト All Rights Reserved.