36_zensoku01

36_zensoku02

36_zensoku03

小児喘息の約60%が0~2才のうちに発症すると言われていて、その時期の喘息を特に「乳児喘息」と呼んでいます。

小さいうちの喘息ほど診断がつきにくく、薬の効果も出にくい傾向です。

しかし、アレルギー性の喘息(アトピー型喘息)の場合、

発作を繰り返せば繰り返すほど気道の炎症が治りづらくなるため早めの治療が非常に大切になります。

 

 

36_zensoku04 36_zensoku05 36_zensoku06

喘息治療の基本は、「薬による治療」と「原因を取り除く生活術」の2本柱。
どちらが欠けても治療は上手くいきません。

薬は医師の指導のもと、量や回数を守ってしっかり服用しましょう。

また、生活術は無理なく続けられることが大切です。

一度、室内の空気環境を見直してみるのもよいでしょう。

36_zensoku07

ゲンキのモト All Rights Reserved.