ラクトフェリンで整えよう!春のゆらぎ肌講座

春のゆらぎ肌には、じつは原因がありました!

春にお肌がかゆくなったり、今まで使っていた化粧品が急に合わなくなった、という経験はありませんか?

そんな、肌の状態が安定しない、いわゆる「春のゆらぎ肌」は、花粉や、紫外線、乾燥といった春特有の外部刺激が原因として挙げられます。

また、皮膚の常在菌がバランスよく保たれることで、肌の健康は守られていますが、生活環境が変化しやすい春は、常在菌のバランス(肌フローラ)が崩れやすい季節でもあるのです。

お話をお聞きしたのは…

山本由美先生

立川通胃腸クリニック

山本 由美(やまもと ゆみ)先生

皮膚科/日本皮膚科学会正会員

▼クリニックの詳細はコチラ
立川通クリニック(ゲンキのモトのお医者さん)

「肌フローラ」をご存知ですか?

腸の中と同様に皮膚表面にも菌が存在し、お肌の状態を左右しています。

善玉菌 悪玉菌 日和見菌
表皮ブドウ球菌 黄色ブドウ球菌 アクネ菌
皮脂膜をつくり、潤いを保ちます。悪玉菌の繁殖を抑えます。 肌がアルカリ性に傾くと増殖し、肌荒れの原因となります。 ニキビの原因菌ですが、善玉菌が優勢な場合、肌を守る働きもあります。

肌フローラのバランスが崩れると「ゆらぎ肌」に!

★ ゆらぎ肌にはスキンケアが大切

スキンケアを見直して「ゆらぎ肌」対策を!!

ゆらぎ肌対策のスキンケアとは?

まずは、基本的なお手入れ方法を見直すことから始めましょう。
肌に極力負担を与えないよう、洗顔や保湿の際は肌をこすらないことが大切です。
そして、保湿はご自分の今の肌状態に合ったものを選んで、たっぷりと潤いを補充してください。

★ 泡洗顔

たっぷりの泡を手で転がすようにして、やさしく洗います。すすぎ残しがないよう十分流しましょう。

★ UVケア

徐々に強まる紫外線からお肌を守るために、春でもUVカット剤は毎日塗ることをおすすめします。

肌タイプ別おすすめ保湿アイテム

オイリー肌 普通肌 乾燥肌
オールインワンジェル
  or
導入化粧水
導入化粧水
  +
オールインワンジェル
導入化粧水
  +
オールインワンジェル
  +
クリーム
保湿剤を選ぶときのポイントは?

(1) 肌にやさしい低刺激性
(2) 手軽なオールインワンジェル
(3) リラックス効果のある香り
(4) ラクトフェリン成分配合
(5) 成分濃度の高いアイテム
※保湿成分として優れた効果があります。

山本先生からアドバイス
便利なオールインワンジェルですが、使う量や使い方にもポイントがあります!
|ブルーベリー1粒大
|サクランボ1粒大
|ジェルでパック

春の美肌を目指すならラクトフェリンが近道

肌のハリや潤いを保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美肌成分は肌の繊維芽細胞で作られています。ラクトフェリンは、その繊維芽細胞を活性化させ、美肌成分の生産を促すという研究結果があります!
※保湿成分

潤い効果実感! 水分量の実験結果

ラクトフェリン配合ジェルを、1ヶ月間朝晩毎日塗り、その前後で肌の水分量を皮膚計測機器で測定しました。

ラクトフェリンの保湿力は抜群!! なんと1ヶ月で約2倍の水分量!

サラヤによるラクトフェリンのもっとスゴイ美肌効果!!
▼詳しい研究成果はコチラ!!
https://lactoferrin-lab.jp/lab/(サラヤ ラクトフェリン研究所)

ゲンキのモト All Rights Reserved.